ベラジョンカジノのバカラで罫線を活用する

ベラジョンカジノではバカラを楽しむことができます。楽しむからには勝ちたいものですが、それもなかなか難しいものです。ところが、このバカラの攻略法の1つとして、勝敗のパターンを記録し、パターンに沿った賭けをするというものがあります。この記録を罫線と言います。罫線自体の意味は区切るために引かれた線であり、バカラに使われるものは方眼紙のようになっています。この罫線に動きのパターンと赤丸と青丸で記し、繰り返されるパターンを読み取って次の勝敗を予測しようというのです。ただし、注意しなければならないこととして、赤丸と青丸は罫線ごとに異なります。基本的な罫線である大路(だいろ)は、バンカーの勝ちを赤、プレイヤーの勝ちを青で表現しますが、それ以外の大眼仔(だいがんちゃい)、小路(しょうろ)、甲由路(かっちゃろ)では、赤が連勝した方、青が連勝を止めた方となります。これらの違いは、それぞれ最新の手と、1手前、2手前、3手前を比較してパターンを把握することにあります。

バカラでは、大路でパターンを把握し、読み切れない合は他の罫線を利用するというのがセオリーです。ベラジョンカジノにはライブカジノやテーブルゲームごとに異なるバカラがありますが、基本的には罫線を自動的に記録してくれます。そのため、自作の罫線を作る手間や書き間違える可能性を考慮する必要はありません。ただし、罫線はあくまでも攻略法の1つであって必勝法ではありません。同じパターンが続いたからといって絶対に次もパターンに当てはまるとは限らないのです。それをベラジョンカジノのイカサマ呼ばわりする人もいるようですが、あくまでも罫線は参考にする程度で過信し過ぎることなく、ベラジョンカジノを楽しむようにしましょう。